One to Oneマーケティングが可能になる

One to Oneマーケティングとは?

One to Oneマーケティングとは、顧客それぞれのニーズや情報を意識した、対個人で展開されるマーケティングの手法・考え方です。対義語であるマスマーケティングは大勢多数をターゲットにしたもので、従来ならばこちらのほうが採りやすく、細かい上に時間が求められるOne to Oneマーケティングは難しいとされていました。


マーケティングオートメーションによる各顧客のデータの一元管理が容易になると、One to Oneマーケティングの展開も非常にやりやすくなります。自動ですばやく個人のデータを取り出せるため、たとえば、顧客ごとの利用回数に応じた特別なクーポンを配布したり、商品ページのアクセス履歴から個人にカスタマイズされたメルマガを配信したりするなど、きめ細やかなミクロでのサービス展開が可能です。顧客が本当に求めている情報を提供することで、雑多な情報で顧客に遠回りをさせず、よりシンプルに契約・販売へと誘導できるでしょう。

一人ひとりに合わせた戦略によるメリット

マーケティングオートメーションを導入すると、One to Oneマーケティングの魅力である効果的なアプローチを効率的にできるようになります。膨大な細かい情報でもクラウドで管理ができるため、個人のニーズに応じた情報を提供できるよう自動化し、短時間かつ短距離で商品・サービスへと向かわせることができます。無駄な情報を目に入れるストレスも減り、企業イメージの向上も図れます。


自動でデータを取り出せるとはいっても、どのデータにどのような手法を結びつけるのかは各ソフトウェアの機能とマーケティング担当の判断によります。とはいえ、データの一元管理と自動化で効率化がなされていれば、担当者はマーケティングに集中でき、早いサイクルで試行錯誤し戦略を練ることが可能になります。顧客だけでなく、社内担当者にとっても作業のストレスや人的ミスのリスクを減らせるという点で、導入することは大きなメリットになるといえるでしょう。