リードクオリフィケーションで活用

マーケティングオートメーションで営業を効率化

アナログな営業活動をデジタル化すると、より効率的に顧客に対してアプローチすることが出来るようになります。そして、営業活動を自動化、効率化するのがマーケティングオートメーションです。パソコンのメルマガ等のWebツールを活用し、商談数を増やすことができれば、営業の生産性を向上させることができるだけでなく、マーケティング部門の人件費も削減することが可能です。結果として売上アップが期待できますし、企業も余計なコストを払うことなく、ビジネスを進められるようになります。また、そこで重要になってくるのがリードクオリフィケーションです。メルマガに反応してくれた人の中から、商品を購入してくれる人を選別することで、商談や契約に繋がりやすい顧客だけをリスト化することが出来ます。

リードクオリフィケーションの方法

リードクオリフィケーションに手法はいくつかあり、その一つがカスタマージャーニーマップの作成です。メルマガ等で見込み客を洗い出せたら、その見込み客がどのような流れで行動するか、購買行動とそのプロセスをマップにすることで、リードクオリフィケーションに繋げます。また、その他にはシナリオ設計やスコアリングがあります。特に分かりやすいのがスコアリングです。スコアリングではメルマガを読んでくれた見込み客が、その後に問い合わせをしてくれたり、資料請求をしてくれたら、それに応じて加点していきます。加点することで見込み客の中から、優先的に営業をかけると良い集団を見つけるのです。リードクオリフィケーションを行う際には、これらの方法も検討していきましょう。