マーケティング作業の効率アップが狙える

顧客の管理が効率化できる

マーケティングオートメーションは導入することでマーケティング活動の一部を自動化し、工数を削減して効率アップを狙えるようになります。自動化できる業務として顧客の管理が挙げられます。マーケティングオートメーションによりホームページ上で顧客がどのような行動をしたのかを可視化することが可能になり、見込み度合いの高い顧客の抽出が容易になります。手作業で行うよりも時間が短縮されますし、自動化されるので誤字脱字などのヒューマンエラーを防げるのもメリットの一つ。見込み度の高い顧客に集中して人員を割けるようになり、効率的なマーケティング活動が実現できます。さらに、抽出したデータを元に分析を行い、業務の改善へつなげていくことも可能になります。

個々の顧客に合わせたマーケティングができる

顧客のごとの状況に合わせたOne to Oneマーケティングが効率的に行えるようになるのも大きなメリットです。顧客の興味度合いを把握し、適切なタイミングでアプローチできれば商談成立の可能性も高くなりますが、顧客数が増えてくると人力で個別対応するのは難しくなります。マーケティングオートメーションを利用すれば、顧客の行動に応じてメール配信などのアプローチを自動で行うことが可能です。人手を割かなくても個々に合ったマーケティングが行えるようになり、効率化を狙うことができます。しかし、効果的なアプローチをするためには、どのようなタイミングでどのような行動を取るかをしっかり設定し、改善をしながら運用していくことが求められます。