リードナーチャリングで活用

リードナーチャリングとは

マーケティングオートメーションの活用方法として最も着目されているものの一つがリードナーチャリングです。リードナーチャリングは獲得した見込み顧客に購入を促すためのマーケティング施策を指します。リードが生まれてリーチするための情報が十分に手に入ったとしても、最終的に商品やサービスを購入してくれなければ売り上げになりません。リードナーチャリングは見込み顧客から顧客へと成長させるための施策を一般的に指します。基本的な考え方はリードに対してアプローチをすることで購入意欲を高めることです。気になっていた商品やサービスを買ってもらえるきっかけ作りをしたり、魅力をより良く理解してもらえるようにするアプローチです。

マーケティングオートメーションでのリードナーチャリング

マーケティングオートメーションにおけるリードナーチャリングには様々な方法があります。単純にダイレクトメールを定期的に送信して、リードに製品やサービスについて思い出してもらうだけでもリードナーチャリングです。ECサイトを運営している場合には、商品ページへのアクセス状況やショッピングカートに入っている商品、お気に入り登録されている商品などに着目して、買い忘れているものはないかという趣旨のダイレクトメールを送るのが効果的でしょう。アクセスした商品ページに基づいて、レコメンデーションをして他の商品の検討を促すのもリードナーチャリングです。このようなマーケティングを自動化できるのがマーケティングオートメーションの強みです。