他の部門との連携強化が期待できる

システム上での情報共有が強み

マーケティングオートメーションのシステムを導入すると部門を越えた情報共有が進み、連携強化を行えるのがメリットです。マーケティングオートメーションのシステムでは情報を共有しやすい設計になっているのが一般的だからです。どのようなマーケティングをしたことによって、結果がどうなったかをわかりやすく表示できる仕組みが作り上げられています。そのシステムに他の部門の人たちもアクセスできるようにすると、マーケティングオートメーションによるリードの獲得や成長にどのように貢献できるかを考えられるでしょう。コミュニケーションツールが搭載されているシステムもあるので、円滑に情報共有が進んで連携が生まれるようになります。

意見を出し合える環境を作ろう

マーケティングオートメーションのシステムにどのような機能があるかによって情報共有が進むかどうかは異なります。また、連携強化につながるかどうかは社内環境によっても影響を受けるので注意しましょう。マーケティングはマーケティング部門がやるもので、営業部門やクリエイティブ部門が関わるものではないという社風があると連携が生まれてくることはほとんどありません。マーケティングオートメーションのシステム導入と並行して、社員教育も実施して連携する意識を高めるのが大切です。マーケティングオートメーションの導入は連携を意識させるきっかけ作りにもなります。今後の部門間連携の推進のためにマーケティングオートメーションを活用しましょう。